片原町ぶらり

d0346974_09402454.jpg

ひっさびさにニューギンザでお昼の定食。
この日のメニューは「温玉のせ肉味噌丼」。
本当はご飯とおかずが別の方が好きなんだけど、なかなか来られないし贅沢は言ってられないってことで(笑)
いつも必ず付いてるごま豆腐が美味しいんだ。
ごっつぁんでした。


d0346974_09435361.jpg

今日もいらっしゃいますかねぇ~?と金物屋を覗くと、いたいた看板ぬこ殿。
珍しく紐で繋がれてないフリースタイルだから、なかなかじっとしてくれない。


d0346974_09462443.jpg

不思議なもので、子どもの頃からぬこに親しんできた友達にはスーッと近づいていき
大人しく「なでておくれ」と言わんばかりのポーズ。
リクエスト通りになでなでされると気持ち良さげにこの表情。
ぱっちりお目目がどこかへ行ってしまったよ(笑)

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-29 09:52 | 動物 | Comments(0)

d0346974_19431093.jpg

こんなに眺めのいいカフェで、


d0346974_19434308.jpg

焦げたパンケーキを食べました。
ベリーも酸っぱくて身悶え...
でもその分ネタにもなったし、思い出にもなった(笑)


d0346974_19463260.jpg

暑かったけど、楽しい休日だった^^
[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-26 19:49 | KAGAWA | Comments(0)

『蜷川実花展』

d0346974_21594635.jpg

高松市美術館で開催中の『蜷川実花』展に行って来ました。
最近は「撮影OK!」「SNSで拡散してね!」なアート展が増えているから
もしやと思いカメラを持参して行ったのが 大 正 解 ☆


d0346974_22031344.jpg

会場に入った途端、インスタグラムに飛び込んだような華やかで鮮やかで可愛い世界が広がっていました。


d0346974_22051539.jpg

ちょっと気がヘンになりそうなぐらい怪しくて綺麗な桜の間とか。


d0346974_22063663.jpg

グッズのショッパーも連れて帰ってしまったよね。

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-25 22:10 | ART | Comments(0)

d0346974_21595693.jpg

今年もおいしい鰻食べてきました111.png
このタレの香りは人を幸せにする。。。
小さいお店だからすぐ満席になって、後から来た人たちは入店断られてた。
早め早めの行動大事!

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-24 22:03 | おいしい | Comments(0)

記憶の中の町

d0346974_19323674.jpg

連休のある日、自分が育った町の商店街を訪れてみました。
とうの昔に閉めてしまったり、別の店になっていたり、全く別のものになっていたり。
ただ、建物の並びや道路の狭さ、路地の形状はそんなに変わっていなかったのがこれ幸い。
太陽が照り付ける中汗をかきかき、私の記憶と照らし合わせながら、今も存在している建物や看板などを
少しずつカメラに収めていきました。

唯一、建物だけでも残っていたらいいなと一縷の望みを抱いていた思い出の店。
主にクリーニングを請け負う古い店構えで、店頭に少しだけ月刊漫画などを並べてあり
そこで買うといつも付録の余りをおまけしてくれるのがすごく嬉しかった!

当時の記憶を手繰り寄せながら、その店があった辺りを何度も歩いてみましたが、もう影も形もなくなっていました。
とても残念だったけど、私の記憶の中には今でもはっきりとあの店の様子は残っているから大丈夫。
そう納得し、思い出の町を後にしたのでした。

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-24 19:44 | 高知 | Comments(0)

絵金まつり

d0346974_22465592.jpg

久方ぶりに、赤岡の絵金まつりに行って来ました。
祭り自体はこっぽりした小さな夏祭りなのですが、一風変わっているのが
各家の軒先に飾られた芝居の屏風絵を蝋燭の灯りで見て楽しむところです。


d0346974_22502666.jpg

子どもの頃は、血飛沫の舞う芝居絵が恐ろしくてたまらなかった...。


d0346974_22541725.jpg

まず絵を見て、次に解説やストーリーを読んで、そしてもう一度絵を見て、色々な思いをめぐらせます。


d0346974_22580048.jpg

この祭りを訪れたことのある友人が「なんか、あの世とこの世の境目がどこかにあるような空間だった...」
とうまいことを言いましたが、確かに。


絵金祭りは年に2日間しかありませんが、この町には絵金蔵というものがあり、そこなら年中屏風絵を鑑賞することができます。
祭りの時と違い、静かな闇の空間で観ることができるので、おどろおどろしさを感じるならそちらの方が効果的かもしれません。


[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-22 23:13 | 高知 | Comments(2)

高知城を一望

d0346974_19150264.jpg

高知城と追手門と堀と緑が一望できる素敵な場所を見つけました。
今までにはなかった目線が新鮮です。
あっついけど、気持ちいい景色。

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-22 19:22 | 高知 | Comments(0)

d0346974_18584994.jpg

暑い日が続きますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか174.png

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-07-22 19:02 | ご挨拶 | Comments(0)

つれづれなるままに