カテゴリ:未分類( 50 )

ミニこけし軍団

d0346974_20014101.jpg

青葉城址にあるお土産物屋さんにつぶつぶびっしりと並んでいたミニこけし。
可愛くて可愛くていつまでもじっと見つめていたかった。。。
真ん中に伊達さんちのまーくんがいるのわかるかな?

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-04-14 20:05 | Comments(2)

伊達政宗公像

d0346974_19502883.jpg

青葉城址にある伊達政宗公の騎馬像。
だんだん日が落ち始める時間だったから、逆光でお顔がハッキリ写らず...
でも、若武者じゃなくてオッチャンみがあるから、これぐらいでいいのかもしれない。
人がたくさんいたので像の下のほうは写してないんだけど、洋風でとても素敵でした☆彡


d0346974_19552674.jpg

その高台から望む海。
心の中でそっと手を合わせるしかなかった。

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-04-14 19:58 | Comments(0)

ゆきとしろくま

d0346974_20105915.jpg

写真は3年前に雪が積もったとき、白クマの置物を雪の上に載せて撮りました。
今、雪は降ってないし積もってもいませんが、空気がとても冷たい。
朝なかなか布団から出られません。

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-01-24 20:19 | Comments(0)

スケジュール帳

d0346974_22454620.jpg

毎年スケジュール帳をうまく使いこなせていない私ですが、最近物忘れが激しいこともあり
今年はユニクロでもらったこのスケジュール帳を活用してみることにします。
文字は外装のビニールに印字されているだけで、脱がすと真っ赤っかです。
よろしく頼んだよ。

[PR]
by kiki___kaikai | 2017-01-01 22:49 | Comments(0)

気質

d0346974_18382357.jpg

先週、自分がした仕事にとんでもないミスがあることに気づいて、幸いそれを是正できることがわかり
それに向けて事は進んでいるけれども、あんなに何度も何度も確認したのになんで見過ごしたんだ?と
毎日毎日どよどよと自問自答を繰り返し、悩み、落ち込み、、、

「人間がやることだから間違えることだってあるよ!」と言われても、なかなか自分の腑に落ちない。
一点の曇りも許せない、気になる、このちまちまとした妙に細かい性格が自分でもしんどくて嫌い。

『問題を悩みにすり替えない。問題は問題として解決する。』
井上ひさしさんが娘さんに言ったというこの言葉をスケジュール帳に書き留めていて
「そうだ、もっとシンプルに考えろ。」と思いながら、これがなかなか思い悩むのである。

[PR]
by kiki___kaikai | 2016-10-02 18:55 | Comments(4)

10 years

d0346974_22351366.jpg

10年前の9月に撮った写真を引っ張り出してみたら、こんな一枚を発見。
そうか~、運動会の季節なんだな。
追手前小学校も今では統合されて、その名前もなくなってしまった。
考えてみると、私が通った保育園から大学まで、廃校になったり名前が変わった所はひとつもない。
これって今では貴重なことなのかもしれんね。

[PR]
by kiki___kaikai | 2016-09-30 22:45 | Comments(2)

試し書き

d0346974_22185794.jpg

7月に行った、六本木の森美術館のSHOPで面白い試し書きを発見。


d0346974_22200114.jpg

「maman」て...(笑)
子どもが描いたもんか、それともお父さんが子どもに描いてやって笑ってたのか。
たぶん、後者だな^^

[PR]
by kiki___kaikai | 2016-09-19 22:25 | Comments(2)

HANABI

d0346974_21372587.jpg

私の祖父は被爆者です。
71年前の今日、広島で被爆しました。
爆心地からは少し離れた山の上に兵隊として駐屯していたとき
市内が爆撃されたため、逃げてきた人を麓の学校に避難させるよう伝令があり
その方角を見るとそろりそろりと次々に煙が立ち上がるのが見えたそうです。
急ぎ山を下り待っていると、次々と避難して来る人がやって来ました。
髪の毛は逆立ち、真っ赤に腫れた顔、両手を前に突き出して、その手の先から焼けた皮膚が垂れ下がっている...
とにかく必死で教室の中に寝かせるも、避難者の数は膨れ上がり、廊下すらもいっぱいに。
「兵隊さん、お水をください」と言われ、一口含ませたそばから息を引き取る人たち。
せっかくここまで辿り着いたのに...
「そりゃあ...もう...地獄絵図じゃった...」と語る祖父は原爆投下当時23歳。
とてつもない光景を目に焼き付け、自身も二次被爆により髪の毛がごっそり抜ける経験をし
それでも何とか71年間、色んな思いを胸にしまい生きてきました。
そんなことを思いながら部屋の窓から眺めた2016年夏の花火です。

[PR]
by kiki___kaikai | 2016-08-06 22:06 | Comments(6)

あたまのはち

d0346974_18441257.jpg

帽子をかぶりたいけど、頭の鉢が大きい私にはなかなか合うサイズがない。
それに汗っかきなので、かぶったところでたぶん髪の毛グッチャグチャになるし。
だからもうあきらめてます。


d0346974_18464666.jpg

ちなみにここは代官山のハリウッドランチマーケット。
店の前を通ると、懐かしい香り。
ほんの一瞬の通りすがりに見た光景でも、私と彼女の大切な思い出。
暑かったねー。
[PR]
by kiki___kaikai | 2016-07-11 18:51 | Comments(4)

光れ

d0346974_16334379.jpg

「稲は、人の足音を聞いて育つ」
ある映画の中に出てきた台詞。
この辺りでも、朝に昼に夜に足繁く様子を見に来る足音が聞こえます。
今年も美味しい米がたくさん獲れますように。
苦労して育てた米がそれに見合った値で売れますように。

[PR]
by kiki___kaikai | 2016-07-10 16:40 | Comments(4)

つれづれなるままに